カフェのような可愛いスタジオに遊びに来ませんか?
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
[ FUJIKI POWER STATIO TOP ]
[ cafe FPS のTOPへ戻る ]

クリップオンストロボでライティング


最後の方にクリップオンストロボを使ってテスト撮影をさせて貰ったのですが、上の写真はクリップオンストロボ1灯のライティングです。
この感じなら僕なりには納得がいくライティングだと思います。
ロケでも工夫は必要だけど、それなりの機材を持って行けば十分使えるのだなぁっと思いました。
ワークショップ | permalink | comments(0) | -

『クリップオンストロボでライティングしてみるワークショップ』を開催します。


『クリップオンストロボでライティングしてみるワークショップ』を開催します。
ワークショップと言っても、僕自身がクリップオンストロボを使いこなせてないので、反対に教えて貰う事が多いかも知れませんが、「クリップオンストロボでもこれだけのライティングが出来るんだ!」って事を目指そうと思っています。

日程:9月4日(木)
時間:19:00-
参加費:1500円(モデル代+軽食代)
※ 申し訳ありませんが、参加資格はプロのカメラマン限定でお願いします。
前回はどこまでがプロのカメラマンだって言う意見も聞きましたが、まぁそこは臨機応変に対応したいと思っています。

今回もモデルさん(上の写真の女の子です。)をお願いするので参加費を頂きます。
参加費にはモデル代+軽食代を含んでいます。
スタジオはあまり大きくないので、定員は8人程度かなと思っています。
参加希望の方はメールfacebookにメッセージを下さい。

追記:ワークショップは定員に達しましたので、募集は締め切りました。
ワークショップ | permalink | comments(0) | -

モデル募集のお知らせ


月1程度でスタジオで開催しているワークショップに協力して貰えるモデルさんを募集します。ワークショップに参加するのは基本的にはプロのカメラマンで、ライティング等を勉強する際にモデルになって貰える女の子を探しています。

僕の作品撮りじゃないので"エロカワ"じゃなく、普通に服を着て貰ってて大丈夫です。
開催は平日の夜7時頃から10時頃までで、ギャラは若干ですがお支払いします。
(参加人数にもよりますが交通費を含めて1万円程度です。)
場所は京都市左京区にある私のスタジオになります。

モデルに興味がある女の子や詳細を知りたい方はfps@nifty.comまでメールして下さい。

ワークショップ | permalink | comments(0) | -

そろそろクリップオンストロボのワークショップでも、、、


この前から言っている『クリッポオンストロボを使ったライティングを考える』ワークショップの日程を、そろそろ決めようなぁって思っています。モデルさんも何とか協力して貰えそうだし、9月の第1週にでも開催しようかと思っています。

僕自身がクリップオンストロボを全然使いこなしていないので、みんなであーだこうだって言いながら考えるワークショップになると思います。今回で結論が出ないかも知れませんが、取りあえずクリップオンストロボを使ってみようって感じです。

ただ単に光を当てたら良いってライティングじゃなく、大型ストロボに引けを取らないライティングを目指して行こうと思っています。

前回の時もそうでしたが、私のスタジオはあんまり大きくないので定員は10名程、今回もプロカメラマンの方限定で開催しようと思っています。まぁどこまでがプロカメラマンだって言う決まりは無いので、その辺りは臨機応変で、、、
モデルさんの都合を聞きながら、早急に日程及び詳細を決めたいと思います。
ワークショップ | permalink | comments(0) | -

そろそろワークショップでもしましょうか!


ジャカジャーン!
小林君に教えて貰ったYongnuo YN-622Cが届きました。
説明書見たけど、中国語で分からないけど、何も考えずに電池入れて、カメラとクリップオンにセットして、シャッター押したら発光しました!




これである程度のモノは揃ったし、後はワークショップと言う名に託つけて、皆さんにクリップオンの事を教えて貰おうかなって思ってます。日程を調整するので、皆でクリップオンの勉強会をしましょうね!
ワークショップ | permalink | comments(0) | -

クリップオンストロボ

クリップオンストロボのワークショップと言うか、僕自身が全然分かってないので、皆で勉強会をしましょうと言っておきながら、仕事が忙しくって放置状態になってしまってます。
先日池田君にクリップオンの使い方を教わって以来、ロケでは今まで以上に活躍はしていますが、それはただカメラの上に付けて、天井へのバウンズで使っているレベルです。それでも何も分からずに使っていた時よりは、クリップオンの威力を十分に発揮しています。まぁ今までどうやって使ってたんだって事ですが、、、


先日、ヨドバシカメラに行った時に、ストロボ用の三脚にクリップオンを取り付けるアダプターを買ってきました。これでパラソルも使えるしって思ったのですが、これだけじゃ発光しない訳で、ワイヤレスシンクロする為のラジオスレーブって言うんですか、あれがいるんですよね。ラジオスレーブってどこのメーカーのが良いんでしょうかねぇ?
ワークショップ | permalink | comments(0) | -

次回のワークショップはクリップオン?


最近やたらと話題に上るクリッポオンストロボ。
PDA GALLOPの山下さんが企画した才王さんとイルコさんのワークショップの影響"大"って感じですが、先日のモノブロックストロボのワークショップの時にも、「クリップオンの講習会はして貰えないんですか?」って問合せを貰ったり、デジタルカメラの性能が良くなり、クリップオンストロボでも十分な光量を得られるって事なんでしょうね。

ただ僕自身、クリップオンストロボを殆ど使った事がなく、教える事なんかとてもとてもって思っています。昨日も池田君と言う若いカメラマンにスタジオまで来て貰い、カツカレー1杯でクリップオンの操作を1から教えて貰ってました。ありがとね、池田君!

僕が今まで撮影してきた環境は、室内のロケの時は大型ストロボを何台も持って行き、屋外の撮影の時は、雨の時は撮影日は延期だし、そもそも日中シンクロって考えが無かったと言うか、クリップオンストロボを直に当てた時の、光の固さや不自然さが嫌いで、使っても銀レフくらいでした。まぁそもそも外で撮る人物撮影自体が少なかったですからね。

なのでクリップオンのワークショップと言っても、僕が教える事は出来ないんだけど、皆であーだこーだと良いながらの講習会ってのも良いのかなって思っています。
また日程とかが決まったら告知しますね。
その時は宜しくぅ!
ワークショップ | permalink | comments(0) | -

『1灯ライティングを試してみるワークショップ』無事終了しました。


先日から告知していました、『1灯ライティングを試してみるワークショップ』は無事終了しました。参加された皆さん、お疲れ様でした。そしてモデルになってくれたTommyちゃん、ありがとうございました。


ストロボを1灯使った様々なライティングを、夫々のカメラで撮影して貰い、今後の撮影に何処まで役に立つかは分かりませんが、何かの時にヒントの一部にでもなれたらなぁって思っています。


もう少し時間があったら、夫々の方と色々とお話も出来たと思うのですが、またそれは次の機会にと言う事で、また何か少しでもお役に立てるワークショップを企画しますので、皆さんよろしくお願いしますね。

ワークショップ | permalink | comments(0) | -

ライティングの違い


昨日は、衣装デザイナーの野知さん、ヘアメイクの眞鍋さん、そしてモデルのあやこちゃんと由貴ちゃん&息子とで作品撮りをしてきました。エロカワばっかり撮ってる訳じゃないんです。


1枚目の写真も2枚目の写真も、どちらもストロボ1灯ライティングです。
ストロボ1灯だけ使っても、光の当て方やアクセサリーによって、全然違うイメージが作り出せるのです。



1枚目と3枚目の写真は、真正面のカメラの上からオパライトにディフューザーを付けて撮影しています。そして2枚目と4枚目の写真は、右手斜め上からパラソルにディフューザーを付けて撮影しました。

オパライトの場合もパラソルの場合も、ディフューザーを付けるのと付けないのとでは、光の印象や影の付き方が少し変わってきます。

17日の『1灯ライティングを試してみるワークショップ』では、そう言ったアクセサリーの違う場合のライティングや、レフ板を使った時の影の違い等を、実際に参加された方に撮って貰って、体験して貰おうと思っています。
ワークショップ | permalink | comments(0) | -

『1灯ライティングを試してみるワークショップ』締切りました。


『1灯ライティングを試してみるワークショップ』ですが、色々とお問合せありがとうございました。参加者が8名程になりましたので、募集を締切りたいと思います。
最初の募集時に"プロカメラマン限定"と言う事を書かなかった為に、色々とご迷惑をお掛けした方も居られ、申し訳ありませんでした。

この"プロカメラマン"って定義はどこまでなの?
って思った方も居るようですが、まぁ写真で生計を立てている人、自分がプロカメラマンって言える人で、ストロボのライティングが必要と思う人なら誰でも良いとは思ってました。

プロのカメラマンならストロボの使い方くらい知ってるんじゃないの?って思う人も居るかも知れませんが、プロだからこそ、夫々の専門分野に置いては色んな知識を持っていても、違う分野になると分からない事があるのです。例えば報道カメラマンやスポーツ専門のカメラマンには大型ストロボはあまり必要がないと思います。でも機会があれば使ってみたいと思う人は居ると思います。

デジタルカメラの性能が良くなり、クリップオンストロボでも十分なライティングが出来るようになってきましたが、大型ストロボの機能やアクセサリーを使い、よりコントロールし易いライティングを体験して貰い、夫々の仕事に少しでも役に立って貰えればと思い、このワークショップを企画しました。

僕が写真の世界で30年以上学んできた知識を、少しでも若いカメラマンの方達に伝えられたらと思い、プロカメラマン限定にさせて貰いました。
ワークショップ | permalink | comments(0) | -