カフェのような可愛いスタジオに遊びに来ませんか?
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[ FUJIKI POWER STATIO TOP ]
[ cafe FPS のTOPへ戻る ]
<< 『ロケスタジオを使ったモデル撮影のワークショップ』は明日開催します。 | main | VESTMODE >>

『ロケスタジオを使ったモデル撮影のワークショップ』無事終了しました。


昨日はFRANK WORK STUDIOで『ロケスタジオを使ったモデル撮影のワークショップ』を開催しました。遠くは横浜からも来て頂き、そんな遠くから来て貰うだけの価値はあるのかと思いましたが、僕を含めて10名の参加者で、何とか無事に終了する事が出来ました。


ロケスタジオで、ストロボをどう使ったら良いのかを考えるワークショップだったのですが、記念撮影の時には機材を片付けていてまさかの定常光、しかもカメラマンが10名も居ながら指紋が付きまくった僕のiPhoneでの撮影で、こんな記念撮影になってしまいました。


ワークショップの開始時は雨が降ってるようなお天気で、本当はモデルさんの後ろの窓から太陽の光が差し込んできて、そのコントラストをどうライティングして押さえたら良いのかとかを考えたかったんだけど、まぁロケの時が晴ればっかりとは決まって無いので、その時の天候で如何に良い作品を撮れるのかもカメラマンの技量かなって事で、晴れている時よりは少し暗い環境での撮影でした。

上の写真(元画像)は手前からオパライトにディフーザーを付けて、その前にトレペを掛け、両サイドからレフ板で外光を反射させて、モデルさんに出来るだけ柔らかい光を当てるようにしています。


ワークショップの時に、一部の方にはお話ししていましたが、元の画像だけだと窓の下の白が気になったので、暗めの画像と合成したりして、少し"重み"みたいなモノを付けました。
それとこう言う建物内の撮影だと、作品撮りの時は三脚を付けて、後ろの窓の格子の水平垂直を合わせて撮るんだけど、昨日は手持ちだったので、それの修正もしました。


この写真は、少し外が明るくなった時の窓際での撮影ですが、モデルさんの右側から弱くクリップオンにファイヤーフライを付けてライティングしてます。(違ったかな? ちょっと記憶が、、、)
モデルさんの影を和らげるのが目的ですが、レフ板でも良いかなって感じです。
昨日くらいの明るさだと、レフ板を使った方が自然な感じかなって思いました。


上の写真も、僕だったらこれくらいコントラストを付けた作品にするかなって感じです。


そして、おまけでやったライティング。
普段『CUTE GIRLS COLLECTION』でやっている基本的なライティングです。
昨日参加された方は分かるんだけど、この写真も結構狭いスペースで撮影しています。

最近仕事が忙しくって、殆んどノープランで開催したワークショップですが、また何か企画しますので、よろしくお願いします。
ワークショップ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする