カフェのような可愛いスタジオに遊びに来ませんか?
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
[ FUJIKI POWER STATIO TOP ]
[ cafe FPS のTOPへ戻る ]
<< ハロウィンの飾付け | main | カフェサロン、そしてB-P.C >>

ワークショップをする意味


『CUTE GIRLS COLLECTION』のブログでは少し告知しましたが、京都にある『FRANK WORK STUDIO』を使ったモデル撮影のワークショップを開催したいなぁって思っています。FRANK WORK STUDIOさんからは、そう言ったワークショップに使う事は承諾を得ましたので、後はモデルさん探しと日程の調整になります。

今までの僕のスタジオでのワークショップはプロ限定で募集させて貰いました。
それは、僕らの時代はスタジオにアシスタントとして入り、何年かの経験を積んでからカメラマンになり、やがて独立して行くパターンが多かったのですが、幸か不幸かデジタルの時代になり、カメラの性能が良くなったり、Photoshopなどでの修正が出来たり、ライティングに関してもネットを調べたり本を読んだりして勉強出来るようになり、スタジオを経験しなくてもカメラマンとしてやって行ける様になりました。

一部では、プロカメラマンってどこまでを言うの?とか、プロならモノブロックくらい使った事が有るんとちゃうの!的な意見も聞きましたが、facebook等で色んなジャンルのカメラマンの方と知合いになり、プロカメラマンと言っても夫々に使う機材やテクニックが違う事を知りました。そして、僕が使っている大型ストロボやモノブロック、露出計等を使った事が無かったり、使い方が分からないカメラマンの方達に、一度触って貰ったり、実際にストロボを使って撮影して貰ったりして、その機材を経験する事により、そのカメラマンのスキルアップに繋がったり、機材を揃える時の参考になるかなと思いワークショップと言う形で開催してきました。

ワークショップの料金も、皆でワイワイ言いながら楽しく勉強出来る様にと、軽食とモデル代の実費(1500円程度)を貰ってました。それは技術を"教える"と言うのではなく、同じカメラマン仲間として、技術を経験して貰い、スキルアップに少しでも役に立てたらと思ったからです。そして僕自身も、自分ではあまり使わなかったクリップオンストロボの使い方等を教えて貰う事が出来ました。

プロカメラマン限定にしたのはその為で、言い方として失礼に聞こえてしまうかも知れませんが、その技術が生活の為には役に立たないアマチュアカメラマンの方には、その金額では教える義務は無いと思ったからなのです。それはアマチュアの方をバカにしているのでは無く、アマチュアの方が本当にその技術を経験したり教えて貰いたいと思われたら、いくらでもお教えしますが、その場合はプロカメラマンとしてそれなりの金額を頂きますと言う事なのです。

そして次回のロケスタジオを使ったモデル撮影のワークショップを開催するにあたり、このワークショップはプロ限定でなくても良いのかなぁって思っています。最近になって色んなポートレートの作品展を見に行く様になり、プロのカメラマンよりも、多くのアマチュアカメラマンの方が作品撮りに向き合ってるんだなぁって思う様になりました。今回のようなロケスタジオでの撮影の場合、たぶん僕よりも技術的に優れたモノを持っておられるアマチュアカメラマンも多く居ると思いますので、そう言う方のはどんどん参加して貰って、色々と教えて貰いたいと思っています。ただ、モデル撮影会ではないので、それなりの作品を撮られている方に限定はしたいと思っています。

都合が良い時だけアマチュアもOKなのね!って思う方も多々居られると思うのですが、まぁ僕が主催するワークショップなので、僕本位でいこうと思っています。嫌な人は参加しなけりゃ良いだけだしね。でも僕は自分が持ってる技術は出来るだけさらけ出すつもりです。


開催は10月後半か11月初旬の土曜日か日曜日と思っています。
(10/26、11/1、11/2 辺りかな)
スタジオの空き具合と、モデルさんの都合と、僕の予定で決めたいと思っていますが、この日が希望だと言う方が居られましたら、遠慮なくコメントかメッセージしして下さい。
ワークショップ | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする